PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ブクログ
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    二條ふじ田で春のコース
    0
      JUGEMテーマ:グルメ
       
      二日目の夜は、京料理『二條 ふじ田』で春のコース。
      ここは2008年の秋に一度来た事があるの。
      春はまた、どんなお料理に出会えるか楽しみ!



      お酒はひえひえに冷えた、青竹に入ってくる。
      ぐい呑みも同じ青竹。



       先付け


      いいだこ、ほたるいか、菜の花、長いもからすみあえ・・・などなど。

      お造り


      ちょっとー!この鯛のお刺身が激ウマ!!
      何?何?何が違うんだろう!?

      お椀


      あぶらめのお椀。
      東京では、あいなめって呼んでる魚だよ。
      お出汁が美味しいよー!

      焼物


      煮物


      食事 


      ちらし寿司と赤だし。
      食事はちらしが定番で、シャリに結構しっかり目に味がついてるのでお醤油いらず。

      柚子シャーベットを食べたら・・・



      最後に、和菓子とおうすで締める。





      シャーベットで終わらない所がいいでしょ!

      春らしい和菓子。
      ご主人の実家が老舗の和菓子屋さんっていう事もあり・・・
      美味しい和菓子もいただけちゃうなんて
      なんだかちょっと得した気分♪

      ゆっくり静かに食事が出来るお店。
      最後のお見送りは、dolphin達が大通りに出るまで
      ずーっと見送ってくれました。

      京都に行った時はまた伺います。








      京都 『二條 ふじ田』
      posted by: dolphin | 京都 2010 桜 | 18:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 18:22 | - | - | - |
        おっ♪
        京都の旅行記、アップされてる〜〜ww

        ↓醍醐寺の桜、お見事ですね。
        桜の時期は短いからタイミングが難しいけど、
        ほんと一番いい時期に訪れる事ができましたね(^^)
        満開!

        今回はたっぷり歩いて、お食事が一層美味しかったようですね(笑)
        ここも素敵なお店ですね。
        いつも感心しちゃうけど、いいお店を見つけるのが上手だわぁ〜

        ひょっとしたらこの鯛、明石でとれたものかしら…? 
        京都だと近いですよね。
        関西では鯛といえばやっぱり明石が一番!
        最後に和菓子が出てくるなんて、いい感じ♪
        とっても春らしくて可愛い和菓子に感激ですね☆
        | カー | 2010/04/23 11:02 AM |
        カーさん♪

        何だか慌しい日々を過していて
        UPするのが遅くなり
        すっかり桜の時期を通り過ぎちゃってますが・・・(^_^;)

        醍醐寺、本当にキレイでした。
        豊臣秀吉が行っただけあるわー!
        この桜を見ながら、一句・・・なんてやっていたのかと
        色々想像しちゃいました。

        鯛・・・!!
        何でしょう、やけに美味しかったんですよー!!
        何が違ったんでしょうかねぇ!?
        和菓子もいいでしょう?
        見た目も綺麗で、甘さ控えめ
        締めにピッタリ!!でしたヽ(*^^*)ノ
        | dolphin | 2010/04/26 1:21 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hana-tsubomi.jugem.jp/trackback/472
        トラックバック