PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ブクログ
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    『キツネ狩り』のグラス
    0
      地元のバー『雅遊舎』のもうひとつの楽しみ方。
      それは、アンティークを楽しめるということ。
      ふふっ、なんだか大人っぽいでしょ?

      コチラのお店、以前はアンティークショップだったこともあり
      グラスやお皿、内装のひとつひとつがすごく凝っていて
      とってもステキぴかぴか

      モルトウィスキーも、アンティークのグラスで飲ませてくれるので
      何だか余計に美味しく感じたりして。

      この日はこんなグラスでいただきました。

      イギリスのアンティークグラス。
      テーマは『キツネ狩り』







      超ドアップで撮ったので、写真では大きく見えますが
      これ小さいショットグラスなんだよ。

      この日は途中から、いつも行く日本料理『海音』の大将も参加 楽しい

      楽しい時間はあっという間で
      気が付けば深夜おそーくなってしまいました 冷や汗

      ・・・マスター、長っ尻でスミマセン 汗





      石神井公園 Bar 『雅遊舎』



      posted by: dolphin | 石神井公園 | 23:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:31 | - | - | - |
        う〜〜ん、すてきー
        大人ってかんじぃ〜〜
        いいなぁ〜☆.。.:*・゚☆(*´0`*)☆.。.:*・゚☆ぽわ〜ん


        アンティークな物に囲まれていると
        ゆったりと時間が流れて、まったり。。。できそう♪
        グラスや器が凝ってあると、
        それだけで楽しめちゃいますよね?
        器も料理のうち!って事ですね♪(゚▽^*)☆

        とっても素敵な時間を過ごす事がよかったですね。
        | カー | 2007/05/15 10:19 AM |
        う〜ん、いい感じ!
        イギリスらしいグラスですね〜。
        かわいらしさもあるのに、それでスコッチを楽しめるとは
        また粋な感じ!さすがですわ。
        ガラス絵が盛んな地域でもあったかな?
        覚えてませんけど、イギリスとかヨーロッパの辺りは
        ガラスに描写するのがたくさんありますよね。
        東欧の方だったかもしれない‥‥。自信ないな。(笑)
        スコッチの香りが漂ってきそうです。
        あ〜飲みたい‥‥。
        | mine | 2007/05/15 1:14 PM |
        カーさん♪

        本当に居心地のいいお店で、ついつい長居しちゃいます。
        ウィスキーを飲むグラスも取り皿も
        アンティーク物だなんて、ちょっと贅沢ですよね?
        このお店のカウンターは、絶対『オトナ優先』って感じです♪
        | dolphin | 2007/05/15 4:56 PM |
        mineさん♪

        このグラスは、エナメルで絵が描いてあるみたいです。
        ふふっ、何となく物語りになってるみたいな感じじゃないですか?
        最後は「取ったどー!」・・・なんてね(笑)
        アンティークにはそんなに詳しくないワタシですが
        こんなキュートなグラスが出てきちゃうと
        話に花が咲きますよね(^^♪
        で、ついつい長居しちゃうんですよねぇ・・・(^^ゞ
        | dolphin | 2007/05/15 5:20 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hana-tsubomi.jugem.jp/trackback/198
        トラックバック